走行距離 見積もり相場

MENU

走行距離と査定額の関係

いらなくなった車を中古車として売りに出す時に行う事になるのが車査定です。
これを行う時に査定額に大きく関係してくる要素の1つが車の走行距離となっております。
この関係性について説明していきますと、まず車の走行距離は基本的に長ければ長い程に車の価値が下がり、逆に短ければ短い程に価値が上がっていく物となっています。
これは余りにも走行距離が長過ぎるとその分車のパーツの劣化も酷くなるからであり、それだけ壊れ易い車と判断されてしまうのです。
ですので走行距離が短い車の方が査定額が高くなっていくのですが、ここで気を付けなければならない事があります。
それは余りに走行距離が短過ぎても査定額は下がってしまうという事です。
何故価値が下がってしまうのかというと、これは車を走らせなければ充電が行われないので劣化が早まってしまうバッテリーに代表される様に車のパーツは余りに使っていないと劣化が早まってしまうからなのです。
ですので、最低でもどれだけの距離を走らせれば良いのか?という事が走行距離と査定額の関係性において重要になってきます。