走行距離と査定額

MENU

走行距離と査定額の関係

走行距離は車査定において、一定程度の影響を査定額に与えます。走行距離がすべてではありませんが、重要な要素であることは間違いありません。ただ走行距離が長ければ長いほど査定額にマイナスの影響を与えるという考え方は、完全に正しいというわけではありません。走行距離は年式と比較して妥当であるかどうかが大切になるのです。
一般的な乗り方をした場合、1年間で1万キロの走行距離というのが目安となっています。ですから3年落ちの車が3万キロ走っているのは妥当だということになり、特別にマイナス査定の対象になるわけではないのです。反対に年式が古いのにもかかわらず極端に走行距離が少ない場合は、メーター戻しを疑われたりするかもしれません。
走行距離が車査定の査定額に大きく影響してくるのは、5万キロを超えてからだとされています。5万キロ未満の車であれば、査定額にそれほどマイナスの影響を与えることはありません。ただし10万キロを超えた車に関しては、査定額に影響がでることは避けられません。もっとも日本の中古車は世界的にも信頼度が高く、海外での需要も高いので、特定の車種の車に関しては10万キロを超えていてもそれなりの査定額を期待することができます