大きな傷 車査定

MENU

大きな傷があると車査定にはマイナス?

大きな傷があると中古車として売る場合に買取額に響かないかや、買い取ってもらえないんじゃないかという不安はドライバーならだれしもが持っているものです。故障者や傷のある車でも積極的に買い取ってくれる業者もあるので、車の引取手がないのではという心配はしなくてもいいのですが、やはり気になるのは車に付いた傷のことでしょう。
確かに傷一つない車とそうではない車の場合は前者の方が高い金額になります。それは事実なのですが、それなら自前で修理をしてから車査定に出した方がいいのではないかという事になります。実は修理には出さない方が金銭的にはお得なのです。
なぜ修理しなくてもいいのかというと、その分の値段を車の持ち主が負担することになりますが、修理した部分の金額は車査定には響きません。つまりわざわざ業者に修理を頼んでも、その分のコストが反映されないのです。買い取った業者が自前の工場で修理した方が安く済むから評価に入らないのですね。
もし修復歴がある場合は、車査定時に誤魔化したりしないで正直に申告することも大切です。車査定を行う人はたくさんの中古車を見てきたプロなのですから、いくら誤魔化してもすぐに看破されてしまいます。